「英語対応可」で売り上げUPしたい / 海外で活躍するセラピストになりたい
オリンピックに貢献したい / 海外で開業したい
メール講座登録フォーム
メールアドレス  *

メルマガ講座のノウハウを実践した
バイリンガルセラピストたちの声

  • クライアントの電話受付ができた。
  • メールでの予約受付ができました。
  • Youtubeのテクニック動画が英語のままわかるようになった。
  • 英語のテキストが読めるようになった。
  • 海外のウェブサイトが読めるようになった。
  • クライアントに自分から英語で話しかけられるようになった。
  • クライアントがどんな症状で悩んでいるのか理解できた。
  • 「英語って思ったより簡単に喋れる」と思うようになった。

こんな結果の出せるメール講座の内容を
少しだけお伝えすると

バイリンガルセラピストになるために絶対にやらないで欲しい学習!
英語での問診に自信がなくてもクライアントの症状を確実に聞きとる方法。

ハーバードの学生も訓練している、相手に納得してもらうために
絶対に間違えてはいけない話す順番。

”pain”だけじゃない。この単語さえ知っていれば痛みの原因がわかります。
専門用語を知らなくてもクライアントに症状を伝えることができる方法。
できないと思い込んでいるあなたでも
英語が話せるようになるんです!
これを読むだけであなたは
  • 「英語対応可」で売り上げUPできる
  • 海外で活躍するセラピストになれる
  • 英語の文献が読める
  • オリンピックに貢献できる
  • 海外で開業できる

講師プロフィール

バイリンガルセラピスト養成講座開発者
相馬直子

オーストラリア政府公認
リメディアルセラピスト

私はかつて英語が全く話せませんでした。
そこから近所の英会話教室で学習をスタートし
海外留学して国家資格をとり、海外でセラピストとして経験を積んできました。
英語力ゼロからセラピストまでの道のりは決して簡単ではなく、
入学したての頃は「君はセラピーよりまず英語を勉強したほうがいい」
こんなフィードバックを受け続けていました。
しかしながらそのおかげで私は純粋な日本人が英語を習得するまでの
すべての挫折や上達までの道のりを経験し、
今こうしてお伝えすることができるようになりました。

私はこのメール講座を真面目で手先が器用で繊細な日本人セラピストが英語を話せたら
世界中で慢性痛に悩む人がもっと減るだろうな、そうなったらいいなと思って作りました。

メール講座登録フォーム
メールアドレス  *